Sapporo Art Directors Club Official Web site

特集記事 シゴトのなかみ、アタマのなかみ。 第4回 工藤鉄也さん

シゴトのなかみ、アタマのなかみ。

第4回 工藤鉄也さん(グラフィックデザイナー)


第4回 工藤鉄也さん

グラフィックデザイナー
 
看板職人の世界。工藤さんが師匠に習ったことを聞けば「きちっとしたものをつくらないこと」と答えてくれた。逆説的な言い方。つまりそれは、お金や労力をかけて根詰めて完璧なものに仕上げないことだという。看板は基本一点もの。大手メーカーが複製する金太郎飴のように寸分の狂いもないプロダクトではなく、依頼主のニーズに合った看板が納品されればよい世界。伝わりにくいが、決して手を抜くという意味ではない。そして、看板屋さんは何でも屋さんだ。依頼内容をヒアリングする打合せにはじまり、プランニング、イメージパース制作、図面設計、制作、施工と一連の流れにすべて関わる。営業も現場もできなくちゃいけないなんてタフなお仕事です。かつて手がけたビアガーデンのアーチ制作では、液体を入れてビールに似せた。その泡の役目を果たす発泡スチロールの無数の玉が大通を舞った問いうエピソードなんかは、現場ならではのハプニング。札幌ADCメンバーではマイノリティの看板業。その入会はたまたまHPをみつけたのがきっかけだという。グラフィック中心の当クラブに、これからも一風吹かせてくれそうだ。
 
feature_kudo_00
作業現場での工藤さん。ビシっとつなぎです。
 
feature_kudo_sheet01
 
feature_kudo_sheet02
 
feature_kudo_01
いか工芸の型。丸みを帯びたロゴがラブリー。
 
feature_kudo_02
プレスする機械。赤い面が効いてます。
 
feature_kudo_03
2階事務所の書棚。内装関係の専門書ずらり。
 
feature_kudo_04
屋外広告士、玉掛(クレーン)、ゴンドラ、職長など資格多数保有!
 
feature_kudo_05
作業机の上に愛用品。「NT」ブランドのカッターとメジャー。
 
feature_kudo_06
デスクトップはなんとなくお人柄がうかがえるシンプルなもの。
 
feature_kudo_07
デスクにはやっぱりカッターマット。
 
feature_kudo_08
1階作業現場の片隅に看板用のシート在庫棚。色ってわくわく。
 
feature_kudo_09
機械音がギッコンギッコン。映画「ダンサーインザダーク」の世界でした。
 
feature_kudo_10
屋根も使い終わった看板のリユース。
 
 
企画・取材・写真・文:上田亮福田大年/池端宏介


PAGE TOP

Copyright © 2018 Sapporo Art Directors Club. All Rights Reserved.