Sapporo Art Directors Club Official Web site

特集記事 シゴトのなかみ、アタマのなかみ。 第2回 三浦清隆さん

シゴトのなかみ、アタマのなかみ。

第2回 三浦清隆さん(コピーライター)


第2回 三浦清隆さん

コピーライター
 
1947年、愛知県生まれ。早稲田大学商学部・文学部卒。東京のプロダクションを経て、北へ。札幌でもプロダクション数社に勤務。1992年に(有)三浦広告事務所を設立。以後、同社代表取締役。1991年のTCC新人賞をはじめ、SCC賞、HAC賞など受賞多数。TCC会員、SCC会員、SADC会員のほか、現在、札幌国際大学社会学部の特任教授も務めている。
 

 
feature_nakami02_miura_00
 
feature_nakami02_miura_sheet01
 
feature_nakami02_miura_sheet02
 
feature_nakami02_miura_01
郵便やさんいつもありがとう。
 
feature_nakami02_miura_02
三浦さんはタバコが似合います。
 
feature_nakami02_miura_03
近作「北楽」など。
 
feature_nakami02_miura_04
せっかくなのでボディコピーを。「子どもだ、子どもだと思っている親の気持ちのつねに一歩先をかれらは歩いているのですね。もう、一個の独立した人格です。放任や干渉よりも対話を、子どもに自立心と責任感を。いわば、“積極的家出”のススメといいますか。中学生、高校生なら、それを理解する力を十分に備えているはずです。ご家族で話しあってみませんか。今月は非行防止道民総ぐるみ運動の強調月間です。」
 
feature_nakami02_miura_05
Kitaraポスター。
 
feature_nakami02_miura_06
ユニークな視点の新聞広告特集。
 
feature_nakami02_miura_07
TCCは新人賞を取らねば会員になれないのです。
 
feature_nakami02_miura_08
アイヌ語辞典に食の名言辞典! 気になる書棚。
 
feature_nakami02_miura_09
デスクトップ。タバコはKENTですね。
 
feature_nakami02_miura_10
窓から。取材日当日は豊平川花火の日でした。
 
「デザイナーはコピーライターにとって最初の“読者”だからコピーライターを育てるのは先輩アートディレクター。その意味で僕は相棒に恵まれて幸せだった」。三浦さんにとってそれは小笠原恒敏さんだった。ボディコピーの一字一句を読みこみ的確に指示をくれる。文章内容を理解するから文字組みも読みやすい。信頼関係のなせる業だと思うし、デザインとコピーが分業と思いがちな若手のへのアドバイスとも取れる。三浦さん自身のブレイクは83年のSCC最高賞。北海道の広報「少年はきょう、心の中ですこし家出した」という新聞広告のコピーだ。広報の仕事をするきっかけは、前任者がこぞって楽しくなさそうだったから。「イヤイヤやるなら僕がやります」と手を挙げたそうだ。つまらない仕事ならおもしろく変えてしまえばいい、チャンスとは自らつくるもの、そう教えられた気がする。好き嫌いで選べるほど仕事は豊富にないし、甘い世界ではないが、現在のクリエイターにとってチャレンジすべきのりしろはまだまだありそうだ。
 
企画・取材・写真・文:上田亮福田大年/池端宏介